リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

リンパマッサージスクールガイド » リンパマッサージの基礎知識 » リンパマッサージとリンパドレナージュの違い

リンパマッサージとリンパドレナージュの違い

リンパマッサージとリンパドレナージュにはどんな違いがあるのかを紹介します。

スクールや施術サロンを探す際に、リンパマッサージとリンパドレナージュという2つの表現を見ることがあります。どちらもリンパにアプローチするのは伝わるのですが、どう違うのかはいまひとつピンとこないものです。同じなのか、違うものなのか、まずはその違いについて理解しましょう。

リンパマッサージとリンパドレナージュは別物?

リンパドレナージュとは

1932年にフランス語で生まれた施術で、「リンパ排出」という意味があります。

その後、ヨーロッパやアメリカで広がり、医療の現場で活用されながら発展し、現在は医療行為として確立されています。

リンパドレナージュは、ターミナスとよばれる鎖骨の角と首の筋肉が交わるところから始めるという基本的なやり方と順序があります。手と皮膚を密着されるために、基本的にはオイルは使いません。

リンパマッサージとは

わかりやすく言うと、リンパドレナージュという言葉を日本人に馴染みやすくしたのがリンパマッサージです。

つまり、リンパドレナージュから生まれたものですが、日本人に合わせて呼び名を変えたものということになります。

したがって、基本はリンパドレナージュと同じですが、医療行為とされる海外とは違い日本に合わせたやり方にアレンジして、もっと身近な施術として広められているといえそうです。

日本のリンパマッサージでは、癒しやリラックス効果も兼ねてオイルを使って行うところも多いようです。

海外では、医療行為として確立されているリンパドレナージュですが、日本ではリンパマッサージは医療行為として認められていません。

いわゆる代替療法として、医療行為に代わるもう少し身近に手軽に受けられる施術として行われています。

ただ、その効果は海外のリンパドレナージュと同様であり、現在はさらに高いレベルの技術を学ぶことができると言えるでしょう。