リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

リンパマッサージスクールガイド » リンパマッサージスクール選びのポイント » 【番外編】通学と通信講座どちらが良い?

【番外編】通学と通信講座どちらが良い?

リンパマッサージスクールの学び方として、通学する方法と、通信講座で学ぶ方法とがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の条件に合った学び方を選んで、無理なく確実に知識や技術を身につけることを目指しましょう!

仕事をしている人や時間が限られている人など、学ぶ時間や期間、タイミングなどに制限がある人もいます。
幅広い人が受講できるよう、各学校でも工夫されており受講スケジュールも臨機応変に対応できるところも少なくありません。

通学と通信講座のメリットを比較

まずはリンパマッサージスクールの通学と通信講座のメリットを紹介します。

通学のメリット

  • プロの講師陣の指導を直接受けられる
  • 仲間と一緒に学べるのでモチベーションを維持できる
  • 生徒同士で実際に施術し合いながら技のコツを学べる
  • 業界の最新の情報や事情などを知ることができる
  • 人脈が作りやすい

通信講座のメリット

  • 自宅や好きな場所で学べる
  • マイペースで勉強できる
  • 勉強の時間や回数の制約がない
  • 受講料が安い

通学のメリットは、プロの講師に直接、指導をしてもらえるので、経験を積みながら学べることでしょう。同じ目標を持つ仲間と一緒に励まし合いながら続けられることも大きなポイントです。

一方、通信教育は、費用が安いことが最大のメリットです。自分のペースで学べることも、忙しい人にとっては嬉しいポイントでしょう。

通学と通信講座のデメリットを比較

今度は通学と通信講座のそれぞれのデメリットを比べてみましょう。

通学のデメリット

  • 決められた時間に決められた期間や回数通わなければならない
  • 仕事や家事、育児などとの調整が難しい
  • 受講料が通信講座より高い

通信講座のデメリット

  • 自分で学習のスケジュールやプランを立てなければいけない
  • モチベーションの維持が難しいので途中でやめる人も少なくない
  • 映像だけを見て自分で練習をするので正しいのかの確認ができない。
  • 実際に触れたりして練習できない
  • わからないことがあっても相談できないのですぐに疑問が解決できない

通学のデメリットは、時間的な制約があることと、通信講座に比べて費用が高いことでしょう。ただし、完全フリータイムや土日の受講が可能なスクールや、費用の分割ができるスクールも多いため、仕事や家事との両立もそんなに難しくはないでしょう。

通信教育のデメリットは、直接の指導を受けられないため実質的なスキルが積めないことです。さらに、間違った覚え方をしてしまっても、それを正してもらえる機会が乏しいこともデメリットと言えるでしょう。

また、「自分のペースで学べる」というメリットも、強い意志を持って計画的に学んでいかなければならないということですので、挫折する人も少なくありません。

結論:本気で学ぶなら通学がベター

通学も通信講座も、それぞれにメリットデメリットがありましたが、やはり本気で手に職をつけたいのであれば、通学を選択した方が良い方法だと言えそうです。

リンパマッサージは生身の人間を相手に施術するため、理論だけでは技術を修得できません。実際に講師のテクニックを見て学び、直接指導を受けた方が自分も安心できますし、成長も早いでしょう。

ただし、「自分で趣味として楽しむためにマッサージを学びたい」「興味があるのでちょっと挑戦してみたい」といった人には、通信講座の方が良いかもしれません。

自分の目的や目標に合ったリンパマッサージスクールを選んで、楽しく学習できると良いですね。

東京・大阪・名古屋のおすすめリンパマッサージスクールを見る
↓↓↓↓↓