リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

リンパマッサージスクールガイド » リンパマッサージの基礎知識

リンパマッサージの基礎知識

このカテゴリーでは、リンパマッサージに関する基本的な知識について解説していきます。

全身に網の目状に広がっているリンパの流れは第二の循環系とも呼ばれています。

日常生活の中で感じるさまざまな不調は、リンパの流れが滞っていることが原因で起こっていることも少なくありません。

リンパの流れを適切に改善することで、体のさまざまな不調が軽減されることがあるため、体の不調を感じた際に、リンパマッサージを受けに行く人も多くいます。

専門的な見地からリンパにアプローチして流れを改善し、さまざまな効果を引き出すことを目的としたリンパマッサージについて、詳しく見ていきましょう。

そもそもリンパとは?

リンパマッサージでアプローチするリンパ。でも、このリンパとはどんなものなのかきちんと理解している人はそれほど多くないでしょう。リンパとはどういうものなのか、どのような働きをしているのか、などリンパに関する詳細な説明をしていきましょう。

リンパについてもっと見る

リンパマッサージとリンパドレナージュの違い

リンパマッサージとリンパドレナージュという表記を目にすることがあります。

どちらもリンパにアプローチする施術ですが、実はその起源は同じでリンパマッサージは日本向けにカスタマイズされた施術であるため、その効果は同じであることを詳しく説明します。

リンパマッサージとリンパドレナージュの違いについてもっと見る

リンパマッサージに期待できる効果

リンパマッサージは海外では医療行為と認められるほどの効果が期待できる施術です。

そこで、リンパマッサージにはどのような効果があるのかを解説します。リンパマッサージによってリンパの流れを改善することの大切さを理解し、今後に役立ててください。

リンパマッサージに期待できる効果についてもっと見る

リンパマッサージの副作用

リンパマッサージ後に起こるかもしれない好転反応。
好転反応は、施術を受けた人に必ず起こるわけではなく全く起こらない人もいます。しかし、リンパマッサージ後の好転反応は、体の状態が改善され回復へと向かう途中のプロセスであり悪いことではありません。そこで、リンパマッサージ後に起こるかもしれない好転反応の、さまざまな症状を解説しながら、対処の方法についても詳しくご紹介しています。

リンパマッサージの副作用について確認する

リンパマッサージの順番

リンパマッサージは、体の老廃物や余分な水分の排出を促し、むくみの解消や冷えの解消が期待できるなど、簡単にできて健康にも良さそうなのでやってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、どんなふうにしても良いというものではなく、リンパマッサージには効果的な順番やリンパを流す方向が決まっています。
血行促進やダイエット効果も期待できるリンパマッサージ。毎日のリンパマッサージ習慣に欠かせない、効果的な方法について詳しくご紹介しています。

リンパマッサージの順番について確認する

リンパマッサージとリフレクソロジーの違い

リンパマッサージとリフレクソロジーには似たようなイメージがありますが、施術自体は全くの別物です。2つの大きな違いと効果、どのような場面で活躍するかを説明します。リンパマッサージとリフレクソロジーについて詳しく知りたい人は要チェックです。

リンパマッサージとリフレクソロジーの違いについて確認する

リンパマッサージ中に現れるゴリゴリの正体は?

リンパマッサージをうけているときにゴリゴリとした塊を感じることがあります。このゴリゴリとしたものの正体は一体何なのでしょうか。ゴリゴリの正体やゴリゴリができるしくみ、解消する方法、できやすい部位について解説していきます。

リンパマッサージ中に現れるゴリゴリの正体について確認する

リンパマッサージは痛い?

リンパマッサージに対して「痛い」というイメージを持っている人や実際の施術をうけて痛みを感じる人は少なくありません。しかし、正しいやり方でおこなえばリンパマッサージは痛くないのです。リンパマッサージの正しいやり方や痛みの原因について解説していきます。

リンパマッサージは痛い?について確認する

リンパは、全身の健康に関するさまざまな役割をしています。しかし、日常生活の中でリンパの流れを停滞させる原因はたくさんあり、さまざまな悩みを抱えている人も少なくありません。

現代人には多く見られる不調を改善するために、気軽にアプローチできる施術がリンパマッサージです。

基礎知識をしっかり理解して、正しいリンパの理解を深めていきましょう。

リンパマッサージとは

リンパマッサージでは、身体中のリンパ節を刺激することでリンパ液の流れを促進することです。

リンパ液には、老廃物など様々な物質を運ぶ役割があり、リンパ管と呼ばれる脈管を通って体外に排出されます。

このリンパ管が集合している首や鎖骨、脇、股関節などの部分はリンパ節と呼ばれ、リンパマッサージでは重点的にマッサージします。

リンパマッサージには、むくみ・くすみの解消のほかにも、リラックス効果ダイエット効果、疲労回復効果、体質改善効果など様々なメリットがあります。

むくみとリンパの関係

身体のむくみの原因には、体内のリンパの流れが滞っていることが挙げられます。

リンパ液は老廃物を体外へ排出する役割を持っているため、リンパ液が体内に滞ると結果として身体がむくみます。

リンパが滞ってしまう理由には、運動不足、ストレスによる自律神経の乱れ、体温の低下など様々あります。

これらの問題を解消してリンパの流れを促進し、身体のむくみを改善するには、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動、リンパマッサージなどが効果的です。

リンパマッサージの仕組み

老廃物を含んだリンパ液は、体内に網目状に張り巡らされらリンパ管の中を流れています。

中でも、首周りや股関節周りなどリンパ管が集中している場所はリンパ節と呼ばれ、リンパ液がつまりやすい箇所であるため重点的にマッサージする必要があります。

リンパ管は皮膚組織の浅い部分を流れているため、マッサージの際はソフトな力加減でも十分にリンパ液の流れを促進する効果があります。

リンパ液に含まれた老廃物は水分とともに体外に排出されるため、マッサージ前後に水分を摂ることでより効果的なマッサージができます。

リンパマッサージに関する資格

リンパマッサージを仕事にする場合には、リンパマッサージに関する資格を取得しておくと有利です。

リンパマッサージに関する資格は様々ありますが、大きく民間資格と国家資格に分けられます。

民間資格は学会や専門学校などの民間団体や、各エステサロンが社内検定として設けているケースが多く、国家資格と比較すると資格取得の難易度は高くありません。

一方で、リンパ浮腫セラピストなど特定の職業に就く上で必要な資格もあります。これらの資格は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの国家資格保有者のみを受験対象としているケースがほとんどであるため、資格取得を検討する場合は受験規定を確認することが重要です。

妊娠中のリンパマッサージ

妊娠中にリンパマッサージを行うことには、母体は胎児に対して多くのメリットをもたらします。

ただし、妊娠中、特に妊娠初期は子宮内の環境や妊婦の体調が極めて不安定なため、リンパマッサージは控えた方が良いとされています。

安定期を迎えてからも、体調が優れない時にはマッサージは控えましょう。体調が安定していてマッサージをしている途中でも、痛みや違和感を感じたらすぐにマッサージを中断することをお勧めします。

また、何事も自分一人で判断せず、医師に事前相談することも徹底しましょう。

セルフケアとしてのリンパマッサージ

リンパマッサージの魅力は、自分一人でも空いた時間を使って簡単に実践できることです。

ただし、専門知識を持ったプロのマッサージ師ではなく自分でマッサージを行う上では、正しい知識に基づいてセルフケアを行うことが重要です。自己流のマッサージでは効果が出にくいばかりか、体調を悪化させてしまうリスクもあります。

リンターネットや書籍からでもマッサージに関する知識は学べますが、本格的にマッサージ師としてキャリア形成を考えている場合はマッサージスクールへの入学をおすすめします。

リンパマッサージの理想的な頻度

リンパマッサージを行う頻度に関しては、エステサロン通いは月に一回程度、自宅でのセルフケアは毎日継続して行うのが理想的です。

可能であれば、サロン通い初期は2〜3週に一回ほどのペースで集中的にマッサージすることで、身体に溜め込んだ老廃物を一気に排出するのがおすすめです。

しかしながら、生活リズムや予算などは人それぞれ異なるため、自分の生活にあった頻度を決めてマッサージを継続することが最も重要です。

リンパマッサージであざが残る理由

リンパマッサージを行うと、身体にあざができることがあります。

あざができる大きな原因はマッサージの力加減が強すぎることです。リンパマッサージの場合、リンパ管は皮膚組織の浅い部分を流れているため、弱い力で押すだけでも十分に効果は得られます。マッサージの際は力を入れすぎないように注意しましょう。

また、あざとよく似た症状に好転反応と呼ばれるものがあります。この場合は、特に痛み等の悪影響はありません。十分に水分や栄養を摂取して、体内の老廃物排出を促進することで好転反応の治りを助けましょう。

リンパマッサージの料金相場

リンパマッサージをマッサージ師に依頼する場合、どのくらいの料金が相場なのでしょうか。

大前提として、エステサロンのマッサージ料金には人件費や設備費など様々な要因が関係しており、店舗のある地域やマッサージを受ける時間の長さなどで料金は変動します。

都心部のエステサロンや、駅から近い店舗などの場合は、通常の費用相場よりも高めの料金に設定されている傾向があります。

あくまで一つの指標として、「10分あたりのマッサージ料金が1000円以下であれば良心的」という基準を参考に、エステサロンを探しましょう。

リンパマッサージにおすすめのクリーム

マッサージクリームは、リンパマッサージを行う上で肌の滑りを良くしたり、スキンケア成分を補填したりと重要な役割を果たします。

特にリンパマッサージは、あざが残らないように優しい力でなでるように押すことが大切なので、滑りを良くするクリームは必要不可欠といえます。

自分が欲しい美容成分が配合されていて、むちなく買い続けられるお手頃なクリームを見つけましょう。