リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

サロン開業する場合

リンパマッサージのサロンを開業するために必要な知識について解説します。実際に開業した人の体験談なども参考に準備を進めていきましょう。

サロン開業の準備

リンパマッサージのサロンを開業するには、入念な準備が必要です。
まずは準備について解説します。

サロン用のスペースを準備する

サロンとして使うスペースや部屋を確保します。自宅でもいいですし、専用のスペースや物件を探すのもいいでしょう。
最低限必要なのは、施術するベッドを置ける部屋だけです。余裕があれば、カウンセリングなどを行う部屋や待合室のようなスペースが別にあってもいいかもしれません。

施術室の準備

まずは施術をするベッドが必要です。オイルマッサージを行う場合は、ベースとなるオイルや精油をそろえる必要もあるでしょう。シーツやタオルなどの細かいものや、それらを収納するスペースも必要です。

また、サロンの窓口となる電話やパソコン、カルテ用紙、文房具は必須アイテムです。施術着もあるといいですね。

室内環境の充実

インテリアやアロマ、雑誌などお客様がリラックスするためのものも必要に応じて導入します。

サービスとしてウェルカムドリンクなどを出す場合は、お客さま用のグラスやティーカップも用意する必要があるでしょう。

施術のスキル

サロンを開業するためには、しっかりとした知識とスキルを積んだことを証明するスクールの認定証や修了証、資格などが必要です。

こればかりは設備などと違い購入できません。基礎からしっかりと教えてくれるスクールで腕を磨いてください。

集客のスキル

自宅サロンで成功している人には、以下のような共通点があると言われています。

  • 自宅サロンを開業した経緯や思いをお客様に伝える
  • 常に勉強熱心で前向きに一生懸命行動する
  • 反省と感謝を真摯に行っている

顧客管理は徹底して行うように心がけましょう。たくさんのお客様を集めるよりも、1人1人のお客様を大切にすることで繋がりが広がります。

HPやフリーペーパー、チラシの他、FacebookなどのSNS、来院してくれた人へのお礼状や紹介カードの導入なども役立ちますので活用するといいですね。

経営のスキル

自宅以外であれば、家賃や光熱費、改装費など別途必要な経費が発生します。領収書の管理確定申告などは確実に行いましょう。会計ソフトなどを活用すると管理しやすく、とても便利です。

このように開業にあたっては、施術に関するスキルだけでなく、経営者としてのさまざまな知識や工夫が必要です。

東京エリアの
リンパマッサージスクール
一覧はこちら

サロン開業を目指す人が選ぶべきスクール

サロン開業を目指す場合、マッサージの技術以外にもさまざまな準備が必要です。経営の経験がないのであれば、なかなか難しいこともあるでしょう。

とはいえ、努力して手に入れたリンパマッサージの資格を活かしたいのであれば、開業にチャレンジすることはとても前向きで夢のあることだと思います。成功すれば、大きな収入も見込めるでしょう。

スクールによっては開業サポートを行っているところがあります。「資格を取って開業したい」と思っている人は、スクール選びの際に開業サポートがあるかどうかを確認するようにしてください。

開業に関する準備や情報提供、器具機材の手配など直接的なサポートが充実しているスクールであれば、スムーズに開業準備を進められるはずです。

リラクゼーションサロンを開業するメリット・注意点

リラクゼーションサロンを開業すれば、自分好みのサロンが開ける・営業時間や休日も自由に設定できる・開業資金が抑えられるなどのメリットがあります。一方で全ての業務を1人で担当する・大きな利益が得られにくい・集客に工夫が必要などの注意点も。廃業リスクを少しでも抑えるためにも注意点をしっかりと踏まえて、事前の準備・計画を行い、慎重に検討したうえで開業するかどうかを考えてください。

リラクゼーションサロンの開業資金

開業形態によって、リラクゼーションサロンの開業資金は大きく変わってきます。店舗を持たないスタイルなら開業資金は抑えられるでしょう。一方、賃貸物件でサロンを開業するなら150万円以上かかることも。ただし開業する際に活用できる融資や助成金も数多く存在しているので、上手く支援を利用して経済的負担の軽減を図ることが大切です。

リラクゼーションサロンの開業に必要な資格

開業することに対しては、特に資格は必要ありません。ただしマッサージや針・お灸、整骨などの施術を行うためには、それぞれの専門的な資格が必要となります。無資格の状態でマッサージという文言を使用すれば、罰せられる恐れがあるので注意してください。顧客から信頼を得るためにも、民間資格を取得するためのスクールや通信講座を受講しておくと良いでしょう。

リラクゼーションサロンの名前の付け方

サロンの名前は、コンセプトや施術内容などが伝わるツールの一つです。集客にもつながる大切なツールだからこそ、誰もが覚えやすく・言いやすいネーミングにすることが大切になってきます。ただ言いやすい名前でも近隣に似たようなサロン名が存在する、商標登録されているような名前はNG。個性的なサロン名を考えるようにしましょう。

リラクゼーションサロンの保険

保険には法人向け火災保険や傷害保険、受託者賠償責任保険など様々な種類があります。補償内容や費用などを比較し、自分のサロンに合った保険商品を選択することが大切です。万が一に備えておくことで、いざというときの経済的負担を抑えるだけでなく、スタッフも安心して働ける職場環境となるといったメリットがあるでしょう。

リラクゼーションサロンの内装

内装を考える場合、まずはサロンのコンセプトを明確にし、予算を考えるようにしましょう。配色・BGM・香りなどで癒される空間を演出できるように考慮してください。また内装の費用を抑えるために居抜き物件を選ぶ・内装にこだわりすぎない・DIYをする・中古品やレンタルを活用するなどの工夫を行いましょう。複数の会社から相見積もりをすることも大切です。