リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

リンパマッサージスクールガイド » リンパマッサージスクール選びのポイント » リンパマッサージスクールで取得可能な資格

リンパマッサージスクールで取得可能な資格

リンパマッサージのスクールで取得できる資格にはどんなものがあるのかを説明します。

リンパマッサージスクールで得られる資格とは

リンパマッサージスクールで受講すると、認定や資格を得られる場合が多くあります。

リンパマッサージスクールで得られる資格は、民間資格と呼ばれるもので、民間団体が指定した認定試験に合格すると資格を取得することができます。スクールの講座を受講したり通信講座などで学習して試験を受けることになります。

スクールによって得られる資格は異なる

民間資格であるリンパマッサージの資格は、スクールごとに資格や認定制度を設けているため、さまざまな種類があります。リンパマッサージの施術の呼び方も「リンパケア」「リンパセラピー」「リンパドレナージュ」と学校やサロンによって異なる場合がありますが、基になっている考え方は同じと考えても差し支えはないでしょう。

「リンパスペシャリスト」「リンパケアセラピスト」など、リンパマッサージ関連の資格はスクールごとに異なり、数も多いため、資格そのものが就・転職に有利に働く可能性は高いとは言えません。一定水準以上の技術を持つことの証明にはなり得ますが、中には社会的認知度や信用度が低いものもあるため、見極めが必要です。

リンパマッサージスクールの資格は2つに分けられる

まず、リンパマッサージの資格は大きく2つに分類できます。医療系と美容系です。

医療系は医師や看護師などの国家資格を持つ人を対象としており、疾病による浮腫みなどを緩和するためのマッサージを教えています。

美容系はエステティシャンやセラピストなどを目指す人に向けて、癒しをもたらすための手技を教えています。医師と協力して効果を追求しているところもあり、代替医療として注目されています。

医療系リンパマッサージの資格

ガンなどの手術後や何らかの病気が原因でリンパ浮腫を起こした際にさまざまな施術や日常生活の指導などを行う資格です。※受験資格/医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師など

リンパ浮腫セラピスト

リンパ浮腫セラピストとは、医師の判断をもとに、国際リンパ学会が認める複合的療法を患者に施すことのできる専門家、およびその資格のことを指します。現在では、1000名以上の資格保有者が医療の現場で活躍しています。

リンパ浮腫セラピストの養成、認定機関は2つあり、それぞれで少し手順が異なります。

一般財団法人日本ライフ・プランニング・センター(LCP)

リンパ浮腫複合的治療セラピスト養成講座、実技を67時間以上受講したうえで認定試験に合格。かつ、新リンパ浮腫研修座学を33時間以上受講する。

リンパ浮腫療法士認定機構

リンパ浮腫に関する研修を修了後、リンパ浮腫に対する治療や指導の実施症例を5例経験。そのうえで書類選考、認定試験に合格する。

医療リンパドレナージセラピスト

医療リンパドレナージセラピストとは、医師の診断に基づき、複合的理学療法の知識と技術を用いて治療にあたる専門家、およびその専門家が持つ資格のことを指します。2019年3月には、資格保有のセラピストが2300人に到達しました。

認定を受けるには、日本医療リンパドレナージ協会が開催している指定の講習を14日間受講し、そのうえで修了試験に合格することが必要です。

マニュアルリンパドレナージ(MLD)

マニュアルリンパドレナージ(MLD)とは、デンマークで開発された国際資格です。独自の施術で、リンパの流れが滞っている部分(むくみ)にたまった体液を健康なリンパ管に流し、炎症などを和らげます。

MLDは3段階に分けられており、リンパ浮腫CDT療法士専科課程(セラピー2・3)を取得すれば、医療現場でも活用可能です。

資格を取得するためには、MLDに対応したカリキュラムのスクールに通ったのち、認定試験を受ける必要があります。

美容系リンパマッサージの資格

主にエステなどでむくみや血行不良を改善するためにリンパの流れを改善する施術を行う資格です。誰でも受験でき、合格しやすい反面、資格を取得しただけでは技術力に不安が残るケースも多くあります。

資格取得はあくまでも通過点として考え、技術を磨くことに重点を置いた方が良いでしょう。

リンパケアセラピスト

リンパケアセラピストとは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が発行する資格です。リンパマッサージの技術とアロマオイルの効能などの知識を活かし、お客様に癒しを提供するプロフェッショナルを目指します。

資格を得るためには、JADPが行う教育訓練の全カリキュラムを修了し、認定試験に合格する必要があります。認定試験は自宅で受験でき、最短5か月で資格取得可能です。

メディカルリンパA級セラピスト

メディカルリンパA級セラピストとは、一般社団法人国際セラピスト認定協会が発行している資格です。デンマークのエミール・ヴォッダー医師が考案した方法をもとに、リンパの緩和を医療や介護の現場で活用できるプロフェッショナルに与えられます。

資格を得るためには、60分の実技試験に合格する必要があります。なお。受験するためには、国際セラピスト認定協会の指定校に入学しているか、協会会員であることが必須条件です。

経路リンパセラピスト

経路リンパセラピストとは、アジアンビューティ 経絡リンパ専門学院が認定している資格です。東洋医学と西洋医学を融合させたマッサージで、リンパや血液、気の巡りを良くし、お客様の心と体をほぐし癒します。

資格を得るためには、アジアンビューティ 経絡リンパ専門学院/インストラクターコースの全カリキュラムを修了後、卒業テストに合格する必要があります。

これらの資格の特徴などを踏まえ、自分の目的に合ったスクールを選択するといいでしょう。

東京・大阪・名古屋のおすすめリンパマッサージスクールを見る
↓↓↓↓↓