リンパマッサージスクールをエリア別に探す

リンパマッサージスクールを

エリア別に探す

リンパマッサージスクールの学習費用

リンパマッサージスクールで学習する際にどれくらいの費用が必要なのか、その相場を知ってスクール選びで迷わないようにしましょう。

リンパマッサージスクールの学習費用

学習費用は、スクールによって違いがある

リンパマッサージ講座の費用は、スクールによってまちまちです。数万円の1日講座があれば、数十万円の上級コースもあり、カリキュラム内容や時間数、教材などにもかなりの差があります。

費用の安さだけで決めるのは危険!?

私たちは何かを購入する際に、価格の安さに魅力を感じてしまいがちですが、リンパマッサージスクールを費用の面だけで決めるのは危険です。

なぜなら、リンパマッサージスクールの中には、「ちょっとしたマッサージができるようになる講座」から「プロとして独立開業するために必要な知識を学べる講座」まで、さまざまなニーズに対応している講座が混在しているからです。

費用が安くても内容が薄ければ意味がありません。リンパマッサージスクール業界の事情や費用相場を知った上で、自分の目的に合った講座を提供しているスクールを選ぶようにしましょう。

スクール費用以外にかかるコスト

オイルなどの消耗品

スクールで学ぶ中で必要となる消耗品は、学費に含まれていることが多いですが、自己練習が必須となりますので、自分でオイルなどの消耗品を購入することは必須です。

リンパマッサージの中にはエッセンシャルオイルを使用するところもあるので、この場合はある程度の種類を揃えるとなると、意外と出費が大きくなってしまうかもしれません。

しかし、スクールで導入しているオイルであれば、割引価格で購入できるところも多いので、入学前には消耗品の優待について確認しておくとよいと思います。

施術ベッドやタオルなど(必要な人のみ)

プライベートで施術を行う際には、施術ベッドとタオルが必要になります。

施術ベッドは必ずしも必要というわけではありませんが、床では固くて施術を受ける人がリラックスできませんし、ベッドや布団の上だとタオルを敷いていてもオイルで汚れてしまうことがあります。

持ち運びができる施術ベッドも販売されていますので、必要な人は購入するとよいかもしれません。

補習費用がかかるスクールも

スクールによっては、講座のカリキュラム以外に補習を受ける際には別途費用がかかることがあります。

1回5,000円など費用についてはスクールによって違いがありますが、高いところだと場所代として補習費用のほかに場所代を徴収するところもあるようですので、出費が気になる人は事前に確認しておきましょう。

リンパマッサージスクールの費用相場をチェック!

本気で学ぶなら15万円以上はかかる

リンパマッサージを基礎からきちんと学びたいのであれば、費用は15万円以上はかかると思っていた方が良いでしょう。

リンパマッサージを適切に行うためには、リンパセラピストの知識と技術を身につける必要があります。独学や独学に近い通信講座ではなく、専門のスクールに通って理論と手技を学ぶべきです。リンパマッサージスクールに通うのであれば、15~20万円は想定しておいた方が良いでしょう。

好奇心を満たしたいだけなら数千円の1日講座でも

1日講座のような超短期のものは数千円からと低価格です。「ちょっと自分でマッサージをしてみたい」という程度の気持ちであれば、短期講座でも満足できるかもしれません。

短期講座は、リンパマッサージに興味を持ってもらうことを目的としている講座が多いので、手に職をつけたいと思っている人には向きません。プロのリンパセラピスト曰く「リンパマッサージは1日で習得できるほど甘くない」そうなので、将来的に自分以外の人に施術をしたいと思っている人は、選ぶべきではないでしょう。

自分の目的に合ったスクール選びをしよう

リンパマッサージスクールを選ぶ際は、講座の内容やスクールの目的をしっかりと検討する必要があります。

たとえば、リンパセラピストの講座は、施術の部位だけを見ても「フェイスのみ」「ボディのみ」「フェイスとボディ」とさまざまです。

また、生徒のレベルに応じて、基礎、上級などにコースが分かれているスクールもあります。

検討しているスクールの講座内容が、自分の目的に合っているかをしっかりと調べてから選ぶようにしましょう。

開業を目指すなら熟慮すべし!

リンパマッサージを学ぶ人は、独立開業を目指している人が多いようです。

自宅や小規模なスペースで自分のサロンを持つことができるリンパマッサージは、年齢や性別を問わず注目を浴びている資格と言えます。

ただし、受講する講座には注意が必要です。

プロはずっと学んでいる

プロとしてサロンを開くのであれば、いろいろな悩みを抱える患者さんを相手に施術を行わなければなりません。基礎だけの知識やスキルではまったく足りないのが現実です。

実際にサロンを開いていても、定期的にスクールに通って技に磨きをかけている人は多いそうです。就職や開業を目指しているのであれば、長く通うことを想定したスクール選びをするようにしましょう。

スクールの中には、初心者から段階的にレベルアップできるカリキュラムを用意しているところや、受講中または卒業後のサポートが手厚いところもありますので、調べてみてください。

独立開業を目指すのであれば、数十万円程度の費用がかかることは覚悟しておいた方が良いでしょう。ただし、技術を修得して仕事を得られれば、収入として返ってくる可能性もあります。お金では計れない経験を得ることもできるでしょう。技術や経験が無駄になることはありません。だからこそ、しっかりと技術を身につけられるスクール選びをしてください。

こんなトラブルに注意

テキストが充実していない

テキストの内容が薄く、理論について自習をしようにもまったく役に立たないというスクールは意外と多いようです。

リンパマッサージは理論もしっかり理解しておかないと、施術でお客様の体にトラブルが発生してしまう可能性もありますので、テキストの充実は重要です。

何かとお金がかかることを知らされていなかった

「スクール費用以外にかかるコスト」でも触れましたが、コース費用以外に補習費用がかかるなど、何かと追加費用がかかってしまうスクールもありますので、この点も注意が必要です。

良心的なスクールであれば、補習は無料で行っていたり、自習に関する場所も無料で貸してくれます。

受講費用が安くても、追加費用がかかれば結局高くついてしまいますので、コース内容の充実度と費用については必ずしっかり確認しておきたいですね。

開業したら儲かるの?

ホームサロンの場合

資格取得後にホームサロンを運営している人は、サロンを借りた場合の家賃などの経費がかからないので利益を得やすい点がもっとも大きなメリットです。

例えば1時間6,000円で施術を提供している場合、2人施術をすれば12,000円の収入になります。

家賃はかからず、必要なものはオイルくらいですので、儲かるイメージが強いですよね。 ただ、ホームサロンは「通りすがりで」来店するケースがほとんどないので、集客がとても重要です。

自宅に招き入れるので信頼できる顧客でないと安全面の不安もありますから、安心して来店していただける顧客を探すことが、繁盛するホームサロンにする大きなポイントだといえます。

店舗を借りて運営している場合

店舗を借りて運営する場合、経費の中で家賃がもっとも大きい出費になりますが、よい立地で手頃な家賃の店舗を借りることができれば、ホームサロンよりも多くの集客が狙え、収益を得やすいです。

家賃があるので少し施術費用が高めでも顧客に理解してもらえる点もメリットのひとつ。

1時間7,000円で6人の施術ができれば1日の売上が56,000円。月20日営業すれば、多くの収入になりますね。

スタッフを雇用してできるだけ多くの顧客に施術ができるようになれば、儲かると思います。

東京・大阪・名古屋のおすすめリンパマッサージスクールを見る
↓↓↓↓↓